· 

都立高校入試改革について

東京都教育委員会HPにて、5月29日付で
 
東京都立高等学校の入学者選抜方法の改善について
 
という情報が公開されました。
 
内容を簡単にまとめると、以下の3点です。
 
1.2014年の中2から変更(今年の中3生は変更なし)
 
2.一般入試は全ての高校で5科目入試。
 
    ※今までは3教科の高校もありました。
    近年の進学先では、田無工業、中野工業、田柄など

3.入試得点と内申点の比率を全校で7:3に。
 
    ※今までは6:4や5:5の高校もありました。
    今春の田無、久留米西などは6:4です。
    (今年はこれから変わるかもしれません。)

さて、問題は

 
東京都立高等学校入学者選抜検討委員会報告書について
 
という、1月29日に公開された、検討の方向性についての別紙資料
 
にあった
 
A 調査書点を計算するときに実技教科の内申を現行の1.3倍から2倍に換算する
B 特別選考の廃止
 
の2点についての言及が無くなっていることです。
 
Aが検討されている理由は
「実技4科が軽視する風潮」のため、と文書中にあります。
(私の独断や偏見ではありません。)
 
これは言い換えれば
実技の先生がきちんと学ばせることができないから内申点で縛ります」
ということです。
 
実行されれば、「中学校の先生は」喜びますが、
おそらく都立上位校の大学進学実績が下がることになるでしょう。
 
「5科の学力はあるけれど、実技の内申点が厳しいから私立高校を目指す」
 
という感じになると思います。
都立高校人気が戻ってきているのにもったいないことをするもんだ
というのが正直なところです。
 
Bについては、今春の都立高校入試では20校で特別選考が実施されましたが、
そのうち16校が
「入試当日点が高い生徒が、より有利になる」
方法で特別選考を実施しています。
 
16校は合格するにはおおむね偏差値60以上が必要で、
大学進学に力を入れている学校です。
 
そのような学校で
 
「5科の学力はあるけれど、調査書点が低いために不合格になる」生徒が増えれば、
 
「併願先になっている私立高校は」喜ぶでしょう。
今までは入学してこなかった学力の高い生徒が入学してくれるのですから。
 
一方で、都立高校から国立大学への合格者が増えるかもしれません。
「特別選考で入学した生徒は国立大受験より、科目数の少ない私立大学受験を目指すケースが多い」
と、ある進学指導重点校の校長先生がおっしゃっていたからです。
 
 
 
いずれにせよ、「都立高校以外に影響が大きい」項目が継続審議になっている模様ですが、
 
「生徒のことを本気で考えているなら、さっさと決めてくれ!」
 
というのが一番の気持ちです。
 
中学2年生は、
高校受験を考えて日々の勉強に励んでいます。
行きたい高校の合格にどのくらいの内申点が必要か、質問しにきます。
どこの高校の説明会や学園祭に行けばよいか、相談しにきます。
自分の人生に大きく影響するのだから、誰よりも本気です。
 
混乱を招かないよう、一刻も早く決めてほしいです。
 
清瀬校より
資料請求/お問い合わせ
無料体験授業受付中

お問い合わせ

清瀬校(本部)

TEL: 042-493-5222

(日・祝日除く13:00〜21:00)

 

谷戸校(西東京市谷戸町)

TEL: 042-423-8895

(日・祝日除く13:00〜21:00)

ベスト自修館公式ブログ
兄弟姉妹割引
平成30年度合格実績
平成30年度 合格実績

お友達へ紹介する

twitterやFacebookを使って、このページをお友達へ紹介することができます。

採用情報
採用情報
志望校選びの決定版「第一志望.net」
志望校選びの決定版「第一志望.net」