ブログ

入塾面談前に読むと得する4つのポイント

ベスト自修館ブログ

「入塾面談」という言葉からどんなイメージをされますか?大きく分けると、塾のしくみの説明を聞きたい場合と、お子様の学習状況について相談したい場合があると思いますが、今回は当塾の標準的な入塾面談の流れについてご説明いたします。入塾面談で、何を質問するべきなのか、何を聞かれるのか、心配される方もいらっしゃると思いますので、ぜひご一読ください。

・ご来訪の前に…「保護者だけでいいですか?」

よく聞かれる質問です。授業料や授業時間だけの説明がご希望の場合には保護者様だけで構いません。ただ、当塾はHPにそれらを全部書いてありますのでご来訪いただく必要はないと思います。よって、入塾面談でいらっしゃる場合には「なるべくお子様とご一緒にいらしてください」が当塾の回答です。

お子様が入塾面談の場にいらっしゃれば、
「英語85点だけど成績が3なのは何か理由があるのかな?」
「志望校は立川高校だと聞いたけれども、どうしてかな?」
などと、具体的な質問から、当塾がご提案できる学習方法もはっきりとしていきます。

・お問い合わせカードと学校成績の記入

当塾の資料を用意する間に、「お問い合わせカード」にご記入をお願いしております。また、中学生、高校生の場合には「定期テスト成績記入表」に直近の定期試験の得点と学校成績の記入をお願いしております。入塾後の定期面談、志望校面談の基礎資料となりますので、入塾面談の際には成績がわかる資料をお持ちください。

・入塾目的の確認

当塾は、小学生は学習習慣の定着のため、中学生は高校入試の合格に向けて、高校生は学校成績のアップを目指して通われる方が多い塾です。しかしながら、特別のご要望をもって塾探しをされる方もいらっしゃいます。また、塾に通う話が保護者様からなのか、お子様からなのかもぜひ確認しておきたいポイントです。「なぜ、なんのために塾探しをしているのか」を意識しておくと、当塾に限らず良い塾に巡り合える可能性が上がると思います。

・クラス指導or個別指導の確認

当塾は1教場でクラス指導と個別指導をどちらも実施しています。入塾面談の際にどちらで受講したいのか決めている方とそうでない方は半々くらいでしょうか。
どちらも実施しているからこそ、どちらの指導形態にもメリット、デメリットがあることを率直にお伝えすることができます。どちらがお子様に合った授業をご提供できるのかは、入塾面談にて入塾の目的やご要望を確認した上でご提案させていただきます。

・費用と時間のご説明

受講される授業形態のイメージが固まりましたら、改めて費用と授業時間についてご説明いたします。お申込みの授業形態がきまりました段階で「年間授業料概算見積書」を作成し、お渡しいたします。

以上が当塾の入塾面談の流れ4点です。
お問い合わせはこちらから https://www.bestjishukan.com/inquiry/
お待ちしております!

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る