ブログ

夏休みの過ごし方で大切なこと

もうすぐ夏休みですね。どうしても学校が休みになると普段よりもなんとなくダラダラと過ごしてしまいがちです。夏休みの宿題もたくさんあるのですが、後回し・・・気づいたら夏休み最終週。なんてことはよくある話ですね。休みだからといって、夜中まで起きていて、午前中は寝ている、というような、学校がある時と全く違った生活を続けてしまうと生活のリズムが完全に崩れてしまい、新学期が始まってから元の生活に戻すのがとても大変になり、授業中に眠くなってしまったりします。ですから、夏休みでもせめて朝起きる時間と寝る時間だけはきちんと決めて、普段と同じように過ごしたほうが良いでしょう。

夏休みは約1か月

学校のある時はいやでも一日4~5時間くらいは学校で勉強しています。夏休みは約1か月あるので、土日を除いて約20日間を、普段の月と比べると100時間くらい勉強をしていないことになります。塾に通っている人はこの期間も夏期講習があるので少なくとも一日3~4時間くらいは復習や予習の勉強をしています。ですから、自然と勉強量も普段通りですし、学校の授業が進まない分、苦手な部分をじっくり復習できてしまいます。夏休みの1か月をどう過ごすかは、一日たった30分だけの勉強だとしても積み重ねると夏休み後には大きな差になっていきます。

夏休みの宿題はやって当たり前

夏休み中に出される宿題は休みの期間の学習習慣を保つためと復習の勉強を補うために出されているものなので、夏休みラスト1週間で仕上げればいいものではありません。毎日少しずつでも計画的にやりましょう。そのためにもある程度計画が必要です。定期テストの勉強同様、いつまでに何を何ページ仕上げるのかなど具体的な目標を決めましょう。成績のいい人はこういった計画性に優れていることが多いです。

ベスト自修館の夏期講習

ベスト自修館のクラス指導の夏期講習では、どの学年も夏期講習前半で1学期までの総復習、後半で2学期の予習内容を進むカリキュラムになっています。日程や時間帯は学年によって異なりますので、ご確認ください。また、個別指導の夏期講習では自分の好きな科目を回数や時間帯を選んで、自分のやりたい内容で復習や予習をします。個別指導は申し込み順に席が埋まりますので、お早めにお問い合わせいただくとご希望の時間帯がお選びいただけます。まだ塾に通っていない人、夏休みに復習をしたい人、差をつけたい人はぜひ、ベスト自修館の夏期講習をお試しください。

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る